トップ / 痛風とプリン体の関係性

痛風とプリン体の関係性

プリン体が痛風に悪い

サポート

痛風とプリン体の関係

痛風とは、高カロリーや高脂肪な食事、プリン体の過剰摂取を繰り返すことで尿酸が増えて結晶化し、痛みを起こす病気で、強い痛みを発症します。この原因である尿酸は、食べ物に含まれるプリン体という成分が分解される時に出る老廃物で、尿酸が排出されず体内の多く留まると症状を引き起こします。肉や魚などの内臓系、ビールなどのアルコール類は控えるべきですが、さらにストレスの蓄積や不規則な生活や運動不足もよくありません。尿酸は尿として排出されるので、痛風を予防するためにも1日2リットルの水分を取ると良いとされています。

↑PAGE TOP