トップ / 痛風とプリン体の関係性

痛風とプリン体の関係性

プリン体が痛風に悪い

サポート

痛風とプリン体の関係

痛風とは、高カロリーや高脂肪な食事、プリン体の過剰摂取を繰り返すことで尿酸が増えて結晶化し、痛みを起こす病気で、強い痛みを発症します。この原因である尿酸は、食べ物に含まれるプリン体という成分が分解される時に出る老廃物で、尿酸が排出されず体内の多く留まると症状を引き起こします。肉や魚などの内臓系、ビールなどのアルコール類は控えるべきですが、さらにストレスの蓄積や不規則な生活や運動不足もよくありません。尿酸は尿として排出されるので、痛風を予防するためにも1日2リットルの水分を取ると良いとされています。

痛風の痛みと予防について

痛風は激しい痛みの発作が起きるのが特徴で、おもに足が赤く腫れ上がったり、痛みで動かせなくなる場合などがあります。痛風は血液検査による尿酸値で測定することが基本となっており、発作を抑えたり尿酸値を低下させることが、治療することにつながります。そのためにはやはり生活習慣が大きくかかわっているため、高カロリーの食事やアルコール摂取を控えたり、十分な水分を補給して軽い運動などを行うのが効果的です。また強いストレスも原因になることもあるので、ゆったりした気持ちになることも大切です。

↑PAGE TOP