トップ / 金時しょうがの楽しみ方

金時しょうがの楽しみ方

金時しょうがのひみつ

サポート

金時しょうがは日本独自の品種

金時しょうがは、他のしょうがと栽培方法が大きく違い、日本独自の品種になります。愛知県や静岡県が主な産地で、品質の優れたものをつくるためには、一度収穫した畑はおよそ7年休ませます。この場合、紅茶やしょうが湯に使用する場合には、粉末にした粉しょうが最適になります。また、ジャムやいろんな料理にも適しています。金時しょうがは一般のしょうがに比べて、ガラノラクトンという香りの成分と、ショーガオール・シンゲロールの辛味成分が多く含まれているため、大きさは小さめですが強い香りと辛味が特徴になります。

生活習慣予防に最適クリルオイル

クリルオイルとは南極に生息するオキアミからとれるオイルで、生活習慣病の予防に適した成分を含んでいます。神経組織や脳の働きを活性化するDHA、血液をサラサラにして血流を改善するEPAは、中性脂肪やLDLコレステロールを抑える作用があります。またクリルオイルには強い抗酸化作用を持ち免疫力を高めるアスタキサンチンも含まれているため、活性酸素を除去するのに役立ちます。オイルはアスタキサンチン特有の赤い色をしていて、オキアミの漁獲量も制限されていることから、とても貴重なオイルとなっています。

↑PAGE TOP